2017年夏、腰椎手術。

腰椎すべり症と手術(脊椎後方固定術)の体験記です。※当ブログは個人的な体験記です。すべての記事に関して正確さを保証しません。ご不明な点はご自身で主治医や専門機関にお尋ねください。コメントは受け付けておりません。

術後2か月の診察

2017年9月14日(木)

 

このブログにアクセスすること自体、かなりひさしぶり。

 

前回と同様、X線撮影の後、診察。

画像を見ながらの診察。私も見たが術後すぐの状態と見比べて、固定したところの状態はまったく変化なし。つまり異常なしということだ。

今月いっぱいはコルセットを着用し、来月からはもう外してかまわないとのことだった。

 

ただし、ゴルフなどの強く体をひねる運動は避けるようにとのこと。

それ以外だったら運動してもかまわないとお許しが出た。たとえば筋トレなどはしてよいという。

あまり動かないでいるうちに体脂肪率も体重も増え気味だったので、この際だからスポーツジムにでも通おうかと考えている。この機会に肉体改造というのもいいかもしれない。

 

f:id:hisakatano77:20170917145341j:plain

 

正直、真夏のコルセットは暑苦しいばかりで。動きにくいのも慣れたとはいえ、なかなかやっかいだ。

その反面、やはり外してしまうと心許なさもある。動かしていいと言われても、一気に腰を屈める勇気はない。おそるおそる、といった感じになるだろう。

 

この夏は、プライベートで国内旅行もしたしのんびり街歩きを楽しんだりもできた。

3年近く脚の痛みを我慢していて、十分に歩き回ることもできなかったことを思うと、やはり思い切って手術してよかったと思う。

 

広告を非表示にする